薬の個人輸入代行通販のシステムと概要

医薬品の通販サイトは、病院に行って処方せんをもらわないと手に入れることができない製品や、日本国内には流通していない製品を購入したいときに非常に便利です。
今日ではこのような通販サイトがたくさん存在するようになりましたが、その大半は個人輸入代行業の一環で運営されています。

日本では医薬品の製造や販売に関しては法律で厳しく規制されています。
通常、外国で製造された医薬品を自分で輸入するためには、薬監証明をはじめとする必要書類を事前に手に入れておかないと通関手続きをクリアできません。
しかし、一定の範囲内であれば一般の物品と同じ通関手続きをとるだけで国内に輸入することが認められています。
例えば、日本国内で処方せん医薬品に相当する製品を個人輸入したい場合は、用法と用量から見て1ヶ月分までであれば通常の通関手続きをふむだけで輸入することができます。

一方で、医薬品を通販サイトを通じて第三者に販売する業務は、事前に製造販売業許可を取得しないと行うことができないのが原則ですが、顧客からの依頼を受けて個人輸入をするのに必要な一連の手続きを代行する行為は、現時点で法律による規制の対象にはなっていません。
したがって、通販サイトで受け取る注文を輸入の代行依頼とみなせば、製品の輸入はあくまで顧客の個人輸入手続きを代行しているに過ぎなくなるため、問題なく外国製の医薬品を国内に入れることができます。
この日本国内の規制のシステムを巧みに利用して成立しているのが、個人輸入代行業者が行っている医薬品の通販です。

通販サイトの概要について述べると、基本的なシステムは多くのインターネットショッピングサイトとほとんど変わりません。
つまり、欲しい商品を見つけたら必要な個数だけカートに入れ、買いたいものがなくなったら精算を行います。
精算時には、購入者本人の個人情報や注文した製品の送り先、代金の支払い方法、配達日時の指定などを行わなければならないので、サイト内の説明を見て事前に決めておくと良いでしょう。

医薬品の通販サイトは良い面ばかりのように見えますが、利用するにあたって注意しなければならないことも当然あります。
特に、注文をするサイト選びは慎重に行う必要があり、選び方を間違うと正規品と似ても似つかぬ偽物を掴まされてしまい、気付かずに使用することで健康被害を受けるおそれがあります。

薬の通販の危険性とは?

病院で診察を受けて医師から処方せんを出してもらわなければ購入できない医薬品も、昨今では個人輸入代行の通販ショップを利用することで便利に入手できるようになっています。
いつも服用している持病の処方薬が残り少なくなっているにも関わらず、すぐに病院へ行くことができない事情があったり災害備蓄用のストックが余分に欲しい時などに重宝されています。
個人輸入といっても一般的な通販ショップを利用するのと変わらない注文システムで気軽に利用できる反面、偽物を販売するサイトも皆無ではないことから信頼できるショップ選びが安全な購入のカギになります。

通販で購入した海外医薬品はそれ自体が本物かどうかという以外にも購入者の服用の仕方によって危険性を高めてしまうことがあります。
個人輸入代行の通販ショップから購入できるのは海外の製品ということで名称や成分名と錠剤のサイズが同じであればいつも服用している処方薬と全く同じ有効性を持つとされていますが、注意すべきは普段は先発薬を処方されて服用中の人が、成分が同じ海外製のジェネリック医薬品を購入する場合で、安価だからと安易に導入してしまう前に念のため有効成分以外の添加物についても確認しておく必要があります。

自分が飲んでいる処方薬が、ほかの薬との飲み合わせ等で重篤な副作用の心配が出て来る種類だった場合、サイトに掲載されている海外医薬品の概要はもちろん用法用量や使用上の注意を熟読してから購入することが重要です。
購入後に服用を開始してから何らかの異変が生じた場合はためらわずに医師に相談することも大切で、通販を利用した医薬品の利用に関しては何かあっても自己責任であることを今一度しっかり認識しておく必要もあります。