カンジダという性病の症状と感染経路

カンジダ腟炎は女性に発症する性病のひとつです。
性交渉などで菌をもらうという感染経路ではなく、カンジダ腟炎の原因であるカンジダ菌はもともと人間の体内にも存在する常在菌です。
ただ、さまざまな原因によりカンジダ菌が体内で増殖することによって影響を与えます。
体内に常在していることから発症の原因には体のホルモンバランスの変化が関係しており、特に免疫力の低下が挙げられ、ストレスなどがたまると起こりやすいことが特徴です。
ホルモンバランスが低下すると肌荒れなども起こるので、気になる症状がある場合には注意が必要です。

カンジダ膣炎に感染するとおりものに変化が現れます。
おりものは腟を守るために分泌される液体で、通常の状態であれば無色で透明であるのに対して、感染していると白色になりヨーグルト状の少し粘り気のあるおりものが分泌されます。
ヨーグルト状のおりものは初期段階で分泌されるもので、炎症が悪化することで白い塊のようなおりものに変化します。
また、おりものの臭いにも変化が起こり、症状が軽い場合には通常と同じく無臭ですが炎症がひどい場合には鼻を突くような臭いが見受けられます。

おりもの以外に起こる症状としては、外陰部のかゆみが挙げられます。
初期の段階では少しかゆいと感じる程度ですが、そのままにしておくと我慢できないほどのかゆみとなります。
ただ、これらの症状が一切起こらないケースも見受けられます。それでも炎症は起きていて、おりものの量が明らかに増えるという特徴があります。
つまり、おりものの量に変化が起きたときには注意することが必要です。

カンジダ腟炎では原因菌が体内に常在していることから体調管理が発症を抑えるためのポイントです。
ホルモンバランスが低下することで腟の自浄作用が弱まることで細菌が増殖します。
つまり、普段の生活においてストレスをためないことや睡眠不足、不規則な生活リズムを直すことがポイントであると言えます。

カンジダはヨーグルトで治る?

性器の痒み、白いドロッとしたおりもの、悪臭、性交痛、排尿痛などの症状が見られる性病がカンジダです。
カンジダは女性の5人に1人は発症するとされているような身近にある疾患です。
カンジダは性行為を行うことで感染すると思われがちですが、性行為に関係なく発症する可能性は誰でもあります。

原因菌であるカンジダ菌は常在菌の一種であり、体の中に常在しています。
症状があらわれるのは、何らかの原因でカンジダ菌が異常に増殖した場合です。
時として、性器以外の場所にも発症することがあり、口の中で発症することもあります。

カンジダの感染経路は、性交渉だけではなく、タオルの共有も挙げられます。
しかし、他人から感染するということは少なく、自身が持っている菌が増殖することが原因であることがほとんどです。
菌が増殖する原因としては、ストレスや寝不足、生活リズムの乱れによって、免疫力が低下したことが考えられます。

カンジダを治すためのポイントとしては、病院で治療を受けるということが最も大切なことですが、個人で行うことが出来ることもあります。
その一つにヨーグルトを食べるという事があります。ヨーグルトには腸内環境を整える効果のある乳酸菌が多く含まれています。
腸内環境を整えることで、腟内に住む善玉菌が増殖し、カンジダ菌が繁殖しにくい環境にすることが出来ます。

そして、通気性の良い下着を身につけるということも大切です。
蒸れた環境はカンジダ菌が繁殖しやすいため、綿やシルクなどの通気性の良い下着にすることで、蒸れを防ぐことが出来ます。
締め付けのキツイものよりも、サイズに余裕があるものを選ぶことで蒸れにくくすることが出来ます。
健康な体を保つということが大切でしょう。